useful title01 04

useful title01 03

 

逆も同じです。良いアンプだからすべて価格が高いというもの誤りです。
音が良くて、しかもお手頃価格のアンプは存在しないのでしょうか?
そしてアンプの原産国にこだわる必要が本当にありますか?

間違ったこだわりによって無駄に高い金額をお支払頂くのは、お客様ご自身です。
残念ながら無駄な出費になってはいませんか?
限られた予算内で、原産国(日本、USA, ヨーロッパなど)や有名ブランドにこだわると、
必然的に中古品に目が向きます。でも中古品こそ過去の履歴不明
劣化状況不明の製品ムラのオンパレードです。
限られた予算にて原産国とブランドにこだわった結果が、「中古品」の選択というのでは
良い音にめぐりあう確率は、かなり低いという結果になります。そのようなリスクを取る必要はありますか?
同じ金額で、新品のアンプが買えるのに…..。

中国製という言葉の語感を裏切る最新アンプにご注目下さい。
 機材の音というより生原音の音楽を
お届けできるアンプとして価格含め もはや最良選択といえるレベルです。
固定概念にとらわれ最新情報に乗り遅れないでください。
チャイナリスク? 最新情報に疎いばかりに、不当に高い機材を買うことや、出所不明で劣化している中古品を買う事こそが、散財リスクです。
 ミンダ/コンサートマスターブランドにおいては、もはや中国製=低品質ではありません。

日本製(Made In Japan)だって、戦後間もないころは、低価格の粗悪品と世界で思われた時期もあるのですから...。
 「音質の良さ」も「価格のお手ごろ感」も両方あきらめない事があなたの趣味の世界を
より広げます。 今、中国製の球アンプは、CPで世界一です。
日本製のアンプをご購入いただく理由を深くお考え下さい。
良く考えてみると、単に良いだろう!と以前から信じているから……。が理由であり
明確な根拠は無いはずです。ピュアオーディオの世界で,日本製が良くて中国製が良くないという根拠は、本当にありますか? 日本アンプとの出音比較はご自分で体験されましたか? 一般論として中国製なんて……!? と言われるベースは、わかりますが、管球ステレオの世界で本当にそんな経験がございますか? トランジスターは別にして 管球オーディオの世界でのみ断言します。「音と価格」の両方を考慮したいわゆるコストパーフォーマンスにて 最良選択では、今は 間違いなく中国アンプです。

家電でもデジカメでも、中国のお世話にならずに、お買いものできますか?
パナソニック、ソニー、日立みんな中国製だった。もちろん偽ブランドの
お話ではありません。日本の会社が監修のもと中国で製造しているという事です。
 同等の仕様と音質で、ブランドと原産国にこだわらなければ、
数万円~ものによっては数十万円もお安く美音(追及したい音)が実現します。

音の良さは、ステレオ機材への投資価格に比例しません。
オーディオマニアは、機材にお金を払いすぎてますね。お気持ちと気合はわかりますが…。
開発費、日本人の人件費、広告費、会社の運営費等は価格を
押し上げるファクターです。商品価格を、コンサートマスターは、
中国生産と極小の販売管理費により極力切り詰めました。
でも、音質と品質に決して妥協はありません。ミンダとコンサートマスター
是非、ご検討下さい。

音質と価格、両方で満足度No1を。
これが、オーディオスタジオの願いです。

アンプの価格が「高ければ高いほど、音が良い」は幻想です。
出来るだけ少ない投資で、良い音を実現する道がここにあります。