真空管アンプの侮れない先進国 ⇒ なんと中国です。ご存じない?

日本は、むしろこの分野で後進国といっても過言ではありません。後進国とは言いすぎですが、リードしているとは言い難いのが現状です。
もちろん先に日本が手掛けていますが、ずっとこの分野での技術革新が 中断 しているからです。失われた40年でしょうか。 くやしいですが、その実態を事実として受け止める勇気が必要です。
海外有名ブランドや日本製アンプといえども中国製のパーツを内部で多用し、 コス ト削減を図ります。日本では人件費や土地代等のオーバーヘッドチャージが 高いために、そのすべてが製品価格に跳ね返り ます。 日本の高いアンプは、なぜ高いか? 品質が良い?音が良い? それを否定は致しません。しかし大半は、上記のオーバーヘッドチャージ(主に人件費) です。高いお金を出してもアンプの品質やましてやその音とは基本的に関係がありません。 なぜなら、会社運営の経営費用は、アンプの音とは直結しないからです。

そんな無駄なお金をかけるなら、そもそも会社運営費用の少ない 中国製造のアンプをお試しになられるのが、最良の選択と言えませんか? そこでの不安はお察しいたします。その部分を保障するため弊社オーディオスタジオが奮闘致しております。部品の管理体制、製造ラインの適正化、受け入れ検査体制、品質チェック機構等の分野にまで踏み込んで弊社の輸入アンプの品質の維持を最優先にしております。もちろん音質が良い(日本製と同等か超えることを目標)は前提条件です。そこが弊社の特徴であり、単なる輸入業と異なる点です。弊社は深く製造現場への関与をして最高のアンプを供給すべく活動しております。
 中国製アンプで日本一の品ぞろえ! オーディオスタジオ。 あなたの夢をかなえるアンプ群です。驚異のリピーター率で一度お試しになるとまた このアンプが良いというお客様が本当に多いです。 森の中で迷っているあなた、中国アンプを是非お試し下さい。 決して損はさせません。あなたのステレオを音は、必ずもっと良くなります。 色々お試しになった方にこそ聴いて頂きたい。素晴らしい音を是非実感して 頂きたいです。自信があるからお勧め致します。

価格が高いことをもって、良いアンプ!そして良い音!と思いこむことは 目標から遠ざかる一因です。
価格や製造国を一旦無視して、あなたご自身の耳を信じて、ご自身の 感性で、本当に音の良いアンプを見つけて下さい。
ブランドや原産国に判断基準を置かないで、ご自分の感性と耳でご判断頂いて誤りは無いはずです。
それこそが、無駄なお金を使わない第一歩です。必要なお金は使っても無駄なお金を 使う必要は無い。
言うまでも無い事ですよね。

「ブランドや原産国にこだわる」は、情報や技術の低かった一昔前の考えと 言ってよいと思います。 情報が少ない世界では、ブランドに頼ることになります。文字通り「頼っている」だけで、本当に期待通りかは別問題です。今はIT技術により簡単に情報が取れます。ご自身で研究して、判断してトライしてみてはいかがでしょうか?